2013-11-18

Thor: The Dark World

マーベルの『アベンジャーズ』第2シーズン2作目、「ソー」の映画としても2作目となる『マイティ・ソー/ダークワールド』(→公式日本版公式)を見てきました。

なかなか良かった。個人的には前作の『マイティ・ソー』より好き。

というか、個人的には前作の『マイティ・ソー』は今ひとつだったと思っていて、というのは『アベンジャーズ』の舞台設定のための物語(ひらたく言うと、悪役であるロキのオリジンの物語)になっていて、ソー自身の物語としては浅い気がすること、アスガルドやヨーツンヘイムなどの異世界と地球を行き来する物語にしようとしているものの、地球側のキャラクター(とくにヒロインのジェーン・フォスター)があんまり活躍しないなあというところ。

本作も『アベンジャーズ2』のお膳立て的な面がじゃっかんあるのかなあとは思うものの、ストーリーは比較的すっきりとまとまっていて、ソーそのものの物語として完結しています。また、地球の科学者の面々とアスガルドの物語とが微妙に交錯し、グリニッジでのラストバトルに集結する流れも悪くない。ジェーンはもうちょっと科学者的に活躍しろよという気もするけれど……。そういえば今回は(地球側では)舞台がイギリスで、 S.H.I.E.L.D. の面々はまったく登場しなかった。第1シーズンはやっぱり映画『アベンジャーズ』に集結させるためにいろいろなくすぐりを入れていたけれど、もうその必要がなくなったという面もあるかな。映画としての出来がシリーズの方向性に引きずられすぎてないのは良いですね。

映像的にもなかなか見応えがあり、ファンタジー然とした剣と盾との戦いだけでは終わらないし(それにしてもアスガルドの人たちが盾と剣で迎え撃つのに敵がビーム兵器的なもので攻撃してくるシーンはちょっとシュールだなーと思いましたがw)、にやりとさせられるようなユーモアはふんだんにあり、ファン的には満足の行くものかと。

個人的には、お母さんが活躍するシーンが良かったなあ。なぜか剣を逆手持ち。カッコイイ!

それにしてもソーの英語はけっこう聞き取りづらい。たぶん日常的にはあまり使わない擬古的なかっこつけの単語をバリバリ使ってるからなんだろうけれど。まだまだだのう。

なお、今回はエンドクレジットとスタッフロールが分かれていて、おまけシーンが2つあるので長いスタッフロールでも席を立たぬようご注意。にしても、ちょっとやりすぎな気がするなぁ。

さて、「アベンジャーズ」の次は『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』! これは原作も面白かったのでかなり楽しみです。