2013-09-14

アメリカに来て1年経った

昨年9月8日にアメリカに来たので、いつのまにか1年が経過していました。

長いような短いような感じです。1年間を振り返ってみて……まあ、とくになんの感慨もないのですが、ひとまず、なんとか、生きて行けているようです。この1年、どんなんだったかというと、

日常生活

まあなんとなく安定しているようです。基本的にインドア派だけどテレビとかは見ないという人間なので、それほど日本とかわりない生活が、それなりにできているように思います。日本語の本は、輸入することになるので、高いけど。

飲食物については、事前にわかっていたことではありますが、とくに問題なく過ごしています。日本でないと食べられないようなものというのもたまにありますが、そういうのはたまに日本に帰った時に食べればいいかな、という感じ。あと、学生時代にやっていた料理みたいなことを再開しています。

体重は微増。日常的には増減なしなんですが、たまに何かあったりすると、そこで増えたまま戻らず、みたいなパターンですかね。アメリカの食べ物は基本的に日本よりずっと多いので、多少は注意しています。平日、会社で食べると量の調整が効きやすいのは良いですね、といってもあんまり制限してませんが。

仕事

仕事内容は東京にいたときと基本的には変わらないわけですが、まあまあぼちぼちやっていけているようです。内容自体はたいして変わってないですが、環境にはじゃっかんの変化はあり、こちらでの仕事は気に入っています。環境といえば机も立ち机に切り替えましたし。

英語

英語のはなしは最近ホットですねw
英語については、上達したなあという面もあるのですが、大してうまくなってないなあという面もあります。聞く方の能力は、まあまあ向上したかなという気もしますが、しゃべる方はどうでしょうか。デタラメでも案外通じる、ということがわかっただけかもしれません。日本にいるガイジンと片言の日本語で会話したことのある経験があればわかると思いますが、片言でもそれなりになんとかなるわけです。

あとなんか自分の英語の能力が低いところでサチっているんじゃないか疑惑というのもありますが、さてはて。

知己

こっちに来たばかりの頃はマジで社外の知り合いはなきに等しかったのですが、それなりに知り合いもできてきました。根が引きこもりなので、知り合いネットワークが広がっているというほどでもないですが。ともあれシリコンバレー、あんがいと日本人も多いです。

クライミング

ロッククライミングといえばヨセミテが聖地なんですが、まったく行っていません。というか外岩にはまるで出かけていません(それなりに岩場はあるようですが)。でもまあそれなりの頻度でクライミングジムに行ってボルダリングをしています。こちらのグレード表記(Vグレード)にも慣れました。でもまぁあんまり上達していません。

今後の抱負

ええっと、なんだろう。まあこの調子でのんびり行きたいな、と思っています。もうちょっとあちこち近場に出歩くのもいいかな。

まとめ

ぼちぼち生きてます。