2013-10-14

日本に帰るときのSIM

休暇で日本に帰っているわけですが、日本に短期的に滞在する際、携帯端末の通信をどうしたものか、という問題があります。

簡単に調べた限りにおいては、これ!という決定打はいまだに存在しないようです。まず、多くの端末は契約が必要であり、海外在住者には便利ではありません。また、滞在者向けの端末や契約もあるにはあるようですが、どうも通話専用のものばかりみたいです。いまどき通話のために携帯電話を持つことなんてあるんでしょうかね。

人によっては日本の携帯電話の契約を維持している人もいるようです(毎月基本料を払っておいて、帰るときにだけ使う)。しかしそれもまたしんどい。折よくT-mobileがグローバルな無料ローミングサービスを発表しました。これも良さそうですが、通信速度が128kbpsというのは、さすがに現代的には厳しいラインな気がします。

今回は b-mobile の滞在者向けのSIMを使いました(1GB prepaidのほう)。おそらく現時点ではこれが一番良いと思います。

使いはじめる際の問題

ドコモの MVNO 事業者はけっこういっぱいあるようなのですが、調べてみた限り、初期費用+月額という料金体系の業者が多いようです。1ヶ月だけスポット的に使いたいという用途には向いていません。

b-mobile はSIMを購入すればそれがそのまま使える、というもので、短期滞在者には都合が良い。英語ページを作って頑張っている上記リンクは、 1GB 使いきり、または14日間のみ使い放題というもので、SIMを挿せば(モバイルネットワークの設定をすると)使えるようになります。

また、追加料金を払うと空港でSIMを受け取ることができます。空港の郵便局に局留めしておくというもので、そこまで行って受け取ることになります。成田空港の場合、郵便局は到着ロビーからはけっこう遠い(到着ロビーは1Fで、郵便局は出発ロビーのある4Fの脇のモールの中にある)のが難点ですが、ほかのSIMに比べれば受取は圧倒的に楽だといえるでしょう。

ちなみに、ぼくもまったく気づいてませんでしたが、1GBプランも実は14日で失効します。なので、この2つのプランはどちらも14日プランであり、違いは「1GB使いきりか、データ使い放題のかわりに帯域制限を受けるか」ということになります。14日より長い滞在の場合は困ってしまうと思いますが、1ヶ月のSIMを買うべきなんですかね……。b-mobileはプランが多数ありすぎて、どれを選べばいいのかは正直よくわかりません。

データ通信およびカバレッジの問題

さて、1GB使いきりプランの場合はフルの帯域が使えるということになっています。ちょっとspeedtestアプリで計測したところ、下り0.93MB、上り0.4MBといったところです。速くはないですが、まあこんなもんかな。ふだんLTEな人からするとちょっと遅すぎかもしれませんが。ぼくは遅くて困ると思ったことはありませんでした。

エリアカバレッジについては、特に気づくほど狭くはありません。実際、直島に遊びに行きましたが、現地ではテザリングをしてたぐらいです(ホテルの wifi が最悪で、テザリングのほうが良かったので)。

ただし、通話機能の関係上(後述)、携帯電話のアンテナ表示が無意味になっているため、ほんとうのところどれぐらい通信が安定しているのかはよくわかりません。変なところや地下の奥まった場所で使ったりはしていないので、きちんとした測定結果ではありません。

通信量1GBというのは(テザリングなどの)無茶をしなければかなり使える量だと思います。ですが、思いきり使えるというものでもありません。ぼくの場合は滞在中の部屋にも wifi があったし、スターバックスで wifi を節約するなどのせこい手をそれなりに使っています。

ちなみにぼくは14日間使って、使用量は800MB程度でした。内訳は端末情報によると Google+ 180MB、Chrome 109MB、テザリング 87MB、facebook + メッセージが85MB、地図 77MB、Play Store 73MBといったところ。Play Storeは自動更新の設定を直し忘れていたので無駄に消費してしまいました。G+が多いのは、ぼくが比較的よく使っていて、チェックインや画像のアップロードに使っているからなので、主要なものがこれぐらいという目安で考えていただければと思います。

通話の問題

b-mobile をはじめとして、データ通信が可能なプリペイドSIMは、なぜか通話の機能が全くありません。そのため、アンテナ表示は常に圏外になっています(が、通信はできる)。

まぁ実際のところ、滞在中に電話をかける必要はほとんどないと思います。ですが、絶対にないとは言いきれない(レストランやホテル、交通などへの問い合わせなど)。ぼくは今回は Skype を使いました。 Skype を使えばふつうの電話番号にも電話をかけることができます。実際に使ってみましたが、特に問題を感じませんでした。金額は1分毎に3.22円(Skypeのサイト内で検索のこと)。

ただし、この方法では電話を受けることはできません。Skypeは月額料金を払うことで電話番号をもらえるんですが、滞在用にこれを使うのは厳しい。ぼくは今回はそれについては諦めることにして、連絡はハングアウトなりfacebookメッセンジャーなりSkypeなりにしてもらう、ということにしました。まあ、わりとなんとかなります。ただし、電話をかけて問い合わせた場合に、相手から折り返し連絡をもらう、ということができません。

まとめ

b-mobileはわりとなんとかなります。使用感が素晴らしいということはないし、いろいろ面倒もありますが、いちおう解決可能なレベルです。個人的には、現時点では一番マシだと思います。

しかし、もうちょっと旅行者にとって使いやすいSIMがあるといいんですけど、どうにかなりませんかね?